head_img_slim
HOME > 被災の現実

被災の現実  The reality of the disaster

障害者 高齢者

高齢者支援

岩手県岩泉町高齢者グループホーム楽ん楽ん入所者9名が洪水被害で亡くなり、東日本大震災では障害者の死亡率が全住民の2倍となりました。 目が見えない。耳が聞こえない。身体が不自由。このような状況で地震の揺れや津波、土石流の振動を感じたらどれほど怖いでしょうか。 切迫した状況を肌で感じながらどうすることもできず支援を必要とする人たちがいます。 このことを少しでも留意していただければ助かる命は必ずあります。高齢者や障害者の人たちがどのような支援を必要としている周知しておきましょう。

視覚障害者への支援

icon_check 災害の状況が不明で避難場所(安全である場所)まで移動できません。

icon_check 肩や腕を貸す形で、半歩前歩き誘導をお願いします。誘導方法や歩行速度を適時確認してください。

icon_check 誘導中は周囲の状況を細かく伝えてください。(瓦礫、陥没、段差)

聴覚障害者への支援

icon_check 防災行政放送、ラジオや周囲の危険を知らせる声が聞こえません。呼びかけもわかりません。 差し迫った状況で立ち尽くしていることがあります。

icon_check 避難誘導をお願いします。

icon_check 誘導中は周囲の状況を身振り手振りやゆっくり話しかけることでお知らせください。

icon_check 物を叩いたり、笛を吹いたりして知らせますので救助をお願いします。

icon_check 手話のできない聴覚障害者はいます。

知的障害者への支援

icon_check 防災無線や拡声器の音声情報を聞いても危険な状況が理解できず、周囲の状況が把握できません。

icon_check 自分の意思表示ができず、混乱状態になっている場合があります。

icon_check 避難誘導をお願いします。

icon_check 身体にふれないでください。

icon_check やさしく声をかけ、安心・落ち着かせてください。

高齢者 肢体不自由者への支援

icon_check 自力での避難行動が困難です。車いすの方は階段を使用できません。

icon_check 緊急で早急な非難が必要な場合は担ぐなどの行為が必要です。 体力に自信のある方はファイヤーマンズキャリーを行い安全な場所まで担いで避難をお願いします。

ファイヤーマンズキャリー


 

水の問題

給水

被災時の水についてまとめます。

icon_check 飲用水では2~4リットル必要です。季節や運動強度で増減します。

icon_check 普段生活に使用される水は一人当たり240リットルです。使用内訳は入浴40%トイレ21%炊事18%洗濯15%となっています。

icon_check 水道が使えなくなると販売されている水はすぐに店頭からなくなります。

icon_check 給水車や店舗には行列ができます。手に入るには時間を要します。

icon_check 消火栓が使用できず、火災に対応することができません。

icon_check 病院は医療行為に水を多く使用するため治療が受けられません。

icon_check 水洗トイレは使用できません。汲み取り式及び仮設トイレ使用できます。トイレは水が不足しているため清掃が不十分なことが多く非常に不衛生となります。

icon_check トイレの我慢とトイレの頻度を減らそうと水分を取らなかったため体調不良者が多く出ます。

icon_check 給水量は(地震発生~3 日まで 一人当たり3リットル)(3日目~10 日まで一人当たり 20リットル )を目標とされています。阪神淡路大震災では発災後から10日まで一人当たり16リットルの給水がありました。

東日本大震災
水道管破損により水は蛇口をひねって出るものではなくなり運搬するものとなり、運搬作業は大変な重労働となります。

給水運搬 ネコ
給水運搬 徒歩

水の問題に対する基本は備蓄です。生活用水では風呂や洗濯機にためて使用することができます。飲料水は清潔なペットボトルやポリタンクに空気が入らないようにして水道水を入れておくと良いでしょう。この飲料水は水道水を使用し冷暗所に置いて4~5日程度までとされています。適時使用し入れ替えが必要です。 それ以上に安全な水が必要とされる方は未開封の販売されているペット入りの水をケースごと購入し順次使用交換していきましょう。

備蓄された水もいつかはなくなり,給水を受けることになります。上の写真にあります一輪車やリアカーなどを購入しておきますと水をはじめとする重量物の運搬が容易となります。


 

犯罪行為

犯罪

東日本大震災の混乱、無秩序により犯罪が多発しました。

icon_check 些細な口論からの傷害事件!

icon_check 商店・金融機関への店舗荒らし、自販機荒らし!

icon_check 海外での解体転売を目的に入国する外国人による盗難!

icon_check 福島第一原発事故の警戒区域内のコンビニATM破り!

icon_check 燃料不足によるガソリンの窃盗!

icon_check 他所からやってきた「偽ボランティア」による窃盗!

icon_check 原発避難指示解除準備区域で、住宅のエアコン室外機を中国人2人が窃盗!

icon_check がれきの中の電柱から変圧器を中国人2人が窃盗!

icon_check 余震で停電になったことに乗じて住居に侵入し、女性を強姦!

icon_check 震災の復旧作業に来ていた男が路上で少女に暴行!

icon_check 被災者を装い、「預金通帳を紛失した」と偽って再発行させ、その通帳の詐取!

icon_check 被災地ではない場所における災害募金詐欺!

このような非常事態での犯罪動機は、

icon_check 正しい判断能力の欠如している環境。

icon_check 非常事態をよい機会と捉える感情。

icon_check 日常生活で抑圧された性的欲求が混乱により解放。

icon_check 運搬の滞りや避難生活の長期化による食料・燃料不足から、状況的にやむを得ず、仕方なく。

などが挙げられます。

発災直後から、財産の管理防犯をしっかり行い、高齢者、女性、障害者、児童、小児を犯罪から守りましょう。

 

ペット

過去の災害において、ペットが飼い主と離れ離れになってしまう事例が多数発生しています。

icon_check 避難所にともに入ることをためらい捨てる!

icon_check 飼い主が死去したりしたために引き取り先が無い!

icon_check 自分の生存が脅かされる中、置き去りとなる!

このような状況で野生化したペットが放浪動物になり人への危害を加える可能性があります。
平常時において家族として生活するペットと過酷な被災状況の中を一緒に生き抜く準備をしましょう。

環境省が配布している対応パンフレットがPDFでダウンロードできます。↓

いつも一緒に

 

マスメディア

マスコミ

災害の発生ともににぎやかになる被災地。被害の様子を伝えることに熱が上がり被災者から苦情が聞かれます。

icon_check 交通規制や路面損傷により交通網が渋滞する中、多数の車両と人員、ヘリを伴い現地入りします。

icon_check 避難所の駐車スペースに陣取ります。

icon_check 取材スタッフは疲弊し徒労にくれる被災者へカメラとマイクを向けます。一部の住民からはマスメディアへの警戒感から外出しづらくなるなどの意見があります。

icon_check ヘリの往来から地域スピーカー放送が聴き取れなくなるなど苦情が聞かれます。

icon_check 食料、ガソリン、資材の現地調達は品薄状態に拍車をかけます。

icon_check 情報の発信元がゆえ自らの不手際は報道しません。

災害報道規制の法整備が必要と思われます。

雲仙普賢岳
1991(平成3)年5月15日未明、懸念されていた土石流が水無川で発生した。大きな石が川の中を流れた痕跡や住民の避難、土石の除去作業とにわかに動きが慌しくなり、再びマスコミの取材が集中し始 めた。

19日に発生した土石流は水無川に架かる橋を押し流し、その迫力ある映像をNHKの無人カメラがとらえていた。

土石流は19日、20日と相次いで発生する一方、20日には溶岩ドームが出現した。ヘリコプターから撮影したJNN系列の溶岩ドーム映像がスクープとなり、この日を前後して民放各社には系列局からの応援スタッフが続々と入り始めた。

溶岩ドームの成長はめざましく、23日になると地上から肉眼でも、半日あるいは数時間ほどでその成長が確認でき、各社カメラマンの視線がその動向に釘付けとなっていった。「溶岩ドームが現れたころからマスコミの数が急激に増加、路上に中継車が並び、ヘリコプターが多いときで6~7機も飛ぶような状況で、生活に支障を来すようになりました。

この状況に対し、島原市の60歳代の男性はこう答えている。このころから、いわゆる定点での山頂撮影が始まった。葉タバコ畑の間に農家が点在する島原市北上木場町の道路沿いには、新聞やテレビ各社のカメラマンが三脚を立ててずらりと並び、社有車やタクシーもその付近に駐車していた。

農作業や土木作業・避難のためこの道を通る地元住民や、土石流警戒にあたっていた消防団員の間からは、車の離合ができにくいと苦情の声もあがっていた。

東京大学新聞研究所が1991(平成3)年8月中旬に行った避難住民の座談会で、消防団員の1人は「何十台という車とそれからカメラを運んでくる。あのくやしさ。(中略)あのマスコミを何とかできんかと、私は真剣に思いました。もう一生懸命に(土石の除去や土嚢積みなど)土木作業をしているのに、本当にもうくやしかったですよ」と語っている。

マスコミ風景
マスコミ風景2
取材モラルという観点からのマスコミに対する苦情は、やがて住民が地元の警察署に申し立てるまでに至る。警察が特に問題視したのは、電気の無断使用である。

島原市北上木場町の37歳の男性が6月1日午後1時ごろ、避難先から自宅に品物を取りに戻ったところ、自宅屋内のコンセントから電気コードを差し込んで40mから50m離れた水無川沿いの無人カメラまで引き、電気を使用していた。

男性がその場所にいた関係者に対して抗議し、夕方カメラは撤去された。このテレビ局の関係者はその夜に、避難先に謝罪に訪れているが、住民は町内会長とともに警察に「報道関係者のモラルの改善をお願いしたい」と届け出た。

島原署は現地責任者2人を出頭させ、今後の行動について警告した。自治会長によると、このほかにも、「住民が避難し無人の住宅の電話を無断で使用している」「無人の民家の縁側に上がって寝そべっている」などの苦情があがっているとして、島原署は6月2日島原市災害対策本部に詰めているマスコミ各社に対しモラルのあり方について要望した。


阪神・淡路大震災
テレビ報道でも「プライバシーのない体育館での避難生活ももう××日目です」そう伝えるリポーター自身が夜の避難所に身をおいていた。心身ともに疲れ果て、眠りたい人もいるだろうに無神経にライトをあてる局もあった。

新潟県中越地震
避難所にボランティアで行った女性は「マスコミは頼りになりません。マスコミは支援活動の妨げとなり、被災者の心労を倍増させる今の取材のやり方についての、抗議の声をあげてください。あまりにひどい状況です」

 

デマ

デマ 大衆

混乱の中、信じがたい情報が錯綜します。

熊本地震
「動物園からライオンが逃げた」などとTwitterにうその投稿を行い、動物園の業務を妨害したとして、熊本県警は7月20日、神奈川県の会社員の男(20)を偽計業務妨害の疑いで逮捕した。

ライオン逃走

icon_check 混乱の渦中にパニックを引き起こす情報を流す心無い人は確実に存在します!

icon_check 不確かな情報をうのみにして慌てて行動しない!

icon_check 報道や行政機関のウェブサイト等信頼のできる情報源で事実を確かめる!

icon_check 悪質なデマを広めないように、不確かな情報を安易に流さない!

icon_check 他人に情報を伝える前に、情報の真偽を確認する!

以上のことを守り、根拠のないデマを広げないように気をつけましょう。

 

避難所

避難 体育館

避難所での生活は過酷であることが知られています。 基本的には学校の体育館となります。

食料の配給は発災後3~4日はおにぎり1日1個ですごさなければなりません。

これから起きる災害の規模や都心部のようなエリアでは、配給がない可能性があります。そのような理由から政府、地方自治体は個々での備蓄を呼びかけています。

空調も期待できません。冬は寒く、夏は暑くなり忍耐が必要です。 プライバシーもなく、着替えは人目を気にします。些細な音も気になるほど密集生活ですので精神的に疲弊します。

避難所でのペットのトラブルでは、

icon_check 犬の鳴き声や臭いなどの苦情が最も多い。

icon_check ペットによる子供への危害が心配。

icon_check ノミが発生した。

など飼い主による適正な飼育が行われていないことによるトラブルが多発します。 ペットについて、環境省が対応マニュアルを作成してます。よく確認し備えておきましょう。

 

ページトップに戻る