head_img_slim
HOME > 竜巻 突風

竜巻 突風  Tornado Gust

現在の竜巻情報

ナウキャスト

 

竜巻 ダウンバースト ガストフロント 発生の仕組み

発達した積乱雲からは、竜巻、ダウンバースト、ガストフロントといった、激しい突風をもたらす現象が発生します。 主な突風の種類は以下のとおりです。この他に晴れた日の日中などに地表付近で温められた空気が上昇することにより発生する「じん旋風」などがあります。 なお、竜巻発生確度ナウキャストや竜巻注意情報では、「激しい突風」をイメージしやすい言葉として「竜巻」を使っていますが、ダウンバーストやガストフロントに対する注意も含まれています。 しくみ

(a)竜巻
概要
竜巻は、積雲や積乱雲に伴って発生する鉛直軸を持つ激しい大気中の渦巻きが地上に達 しているものである。漏斗状または柱状の雲を伴うことがある。多くの場合、竜巻の直径 は数十~数百mで、数kmに渡ってほぼ直線的に移動する。移動速度は時速数十km程度のも のが多いが、中にはほとんど動かないものや時速90kmと非常に速い場合もある。被害地域 は帯状になる特徴がある。

(b)ダウンバースト
概要
ダウンバーストは、積雲や積乱雲から吹き降ろす下降気流が地表に衝突して水平に吹き 出す激しい空気の流れである。吹き出しの広がりは直径数百 m から 10km 程度である。そ の広がりの大きさが 4km 以上のものをマクロバースト、4km 未満のものをマイクロバース トと分類することがある。被害地域は面的に広がる特徴がある。

(c)ガストフロント
概要
ガストフロントは、積雲や積乱雲の下で形成された冷たい空気のかたまりが、その重み によって周辺に流れ出ることによって発生する。流れ出る空気の先端は冷気と周囲の暖か い空気との境界であり、突風を伴うことからガストフロント(突風前線)と呼ばれている。 水平の広がりは竜巻やダウンバーストより大きく、数十 km 以上に達することもある。

 

竜巻が間近に迫った時の特徴

竜巻

竜巻の発生原因は積乱雲がもたらします。まず、積乱雲の接近を認識しましょう。

接近の兆しは、

icon_check 大粒の雨や「ひょう」が降り出す。

icon_check ひやっとした冷たい風が吹き出す。

icon_check 雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする。

icon_check 真っ黒い雲が近づき、周囲が急に暗くなる。

icon_check 雲の底から地上に伸びる漏斗状の雲が目撃される。

icon_check 飛散物が筒状に舞い上がる。

icon_check ゴーというジェット機のような轟音がする。

icon_check 気圧の変化で耳に異常を感じる。

icon_check AMラジオにノイズが入る。

 

竜巻発生確度ナウキャスト

竜巻の発生は竜巻発生角度ナウキャストで事前に想定できます。

ナウキャスト

竜巻などの突風は、規模が小さく、レーダーなどの観測機器で直接実体を捉えることができません。そこで、竜巻発生確度ナウキャストでは、気象ドップラーレーダーなどから「竜巻が今にも発生する(または発生している)可能性の程度」を推定し、これを発生確度という用語で表します。

竜巻発生確度ナウキャストは、竜巻の発生確度を10km格子単位で解析し、その1時間後(10~60分先)までの予測を行うもので、10分ごとに更新して提供します。

竜巻発生確度ナウキャストは、分布図形式の情報として防災機関等に提供するほか、気象庁ホームページでも提供します。また、民間事業者による携帯コンテンツサービスも準備されており、屋外活動での利用も可能になります。

竜巻などの激しい突風は、人が一生のうちほとんど経験しない極めて希な現象です。従って、発生確度1や2程度の可能性でも、普段に比べると竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性は格段に高い状況ですので、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合は、頑丈な建物内に入るなど安全確保に努めて下さい。 なお、発生確度1や2が予測されていない地域でも雲が急発達して竜巻などの激しい突風が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。

 

竜巻が間近に迫った場合の身の守り方

住宅内では
icon_check 窓から離れる。

icon_check 地下室か最下階へ移動する。

icon_check できるだけ家の中心部に近い窓のない部屋に移動する。

icon_check 顔を下に向け、できるだけ低くかがんで、両腕で頭と首を守る。

オフィスビル・病院・高層ビルなどにいるときは
icon_check ガラスのある場所からは離れる。

icon_check 窓のない部屋や廊下等へ移動する。

icon_check ビル内部の階段室も避難場所となる。その際、可能なら下の階へ移動する。

icon_check 顔を下に向け、できるだけ低くかがんで、両腕で頭と首を守る。

icon_check エレベーターは停止する恐れがあるので乗らない。

外にいるときは
icon_check 近くの頑丈な建物に避難する。

icon_check そのような建物が無ければ、飛散物から身を守れるような物陰に身を隠し、 頭を抱えてうずくまる。

icon_check 強い竜巻の場合は、樹木や自動車などであっても飛ばされる恐れがあるので、 自動車の中などでも頭を抱えてうずくまる姿勢をとることが必要である。

「竜巻注意情報」は都道府県単位で発表されますが、実際に竜巻に対する注意が必要なのは積乱雲の近くにいる人だけです。 「竜巻注意情報」が発表されたからといってすぐに避難が必要なわけではありません。発表されたら、まず空を見て積乱雲やその兆しが発生していないか確認してください。

 

日本の竜巻分布 年度別統計

突風分布図1

分布

突風分布図2

分布

突風分布図4

分布

突風分布図5

分布

竜巻 年度別統計 年度別統計

 

竜巻による被害の特徴

被害1 被害を受けた住宅と大破した自動車
平成24年5月6日:茨城県つくば市
写真提供:気象庁


被害1 裏返しになり大破したトラック
平成18年11月7日:北海道佐呂間町
写真提供:気象庁


被害1 飛散物による家屋への被害
平成18年9月17日:宮崎県延岡市
写真提供:気象庁


icon_check 短時間で狭い範囲に集中して甚大な被害をもたらします。
被害は数分~数十分で長さ数㎞~数十km・幅数十~数百mの狭い範囲に集中します。

icon_check 移動スピードが非常に速い場合があります。
過去に発生した竜巻の中には、時速約90㎞(秒速25m)で移動したものもあります。

icon_check 建物が倒れたり、車がひっくり返ることがあります。
強い竜巻に襲われると、強い風によって建物が倒壊したり、車が転倒することがあります。

icon_check 様々なものが竜巻に巻き上げられたり、猛スピードで飛んできます。
人や様々なものが飛ばされるだけでなく、巻き上げられたものが猛スピードで飛んでくることも竜巻の恐ろしさです。

icon_check 建物の中にいても、飛んできたものが窓ガラスを割ったり、壁に刺さったりするので注意が必要です。
軽い木材であっても竜巻により猛スピードで飛来すると、簡単に住宅の壁に刺さったり突き破ったりします。

 

ページトップに戻る